合宿免許デメリット

どんなに良いと思われることでも、かならず何かしらデメリットがあるものです。合宿免許においてもそれは否めないでしょうから、デメリットについて、考えてみましょう。

まずは場合によっては希望通りのシングルが空いてなくて相部屋になってしまうと言う場合があります。これは仕方のないことでしょうが、コミュニケーションが苦手な人にとっては、他人と相部部屋はできれば避けたいものです。どうしても嫌という事であれば、他のプランを探すか、少々高くなっても日にちを変えるかということで、シングルを探すことは可能です。また、荒療治ではありますが、どうしてもその日に行きたいと言うのであれば、思い切って相部屋体験というのも悪くないものです。長い人生においてのほんの何日と思えば、割り切ってマイペースにやっていけば良いのですから、なんてことはないかもしれませんし、相部屋でかえって楽しい経験だったという事もあり得ます。若いうちはこういった経験が必要という事もあるでしょう。この経験が社会に出てから活かせるかもしれないのです。コミュニケーションの良い練習と思って、相部屋経験も悪くないでしょう。

このようにデメリットも考えようによってはメリットにもなります。何事も経験でしょうから、若いうちに色々と経験しておくことは必要でしょう。人はこのようにして、大人になっていくものです。